株を売るとはどういうことか

株は、買う時よりも売る時の方が難しいといいます。
例え、株が上がっていたとしても、あくまで利益が出る可能性が出るだけで、売ることによって始めて、自分のお金にかわるのです。

なぜ売る時の方が難しいのでしょうか。
それは、人間の心理(メンタル面)が関わってくるからです。投資を行うのは人間です。
当たり前ながら、もし儲かったなら、やり続けるでしょう。

しかし、儲からなかったら、つまり株が下がっていったなら、もうちょっと待てば上がっていくのではなどと思ってしまいます。
ただし、そんな場合、更に下がってしまうのが大抵オチです。
そんなことにならないための方法としては、予め買う時に売り時を考えておくことです。
例えば、買った時の値段の1割あがったら売る、1割下がったら売るなどです。

このようなものは、一例ですが自分で売る時期のルール・約束を決めておくことは株を売り買いする際にはとても大事です。

では、株を売るとはどういうことなのでしょうか。
株取引をする理由は金儲けのためという人が多いです。
売るというのは、買ったものを手放すわけです。それには理由もついてきます。

大きな理由としては、その会社に抱いていた将来性が無くなったということです。
簡単に言えば、その会社はもうダメと自分の中で考えたことになるわけです。
会社は、何かを行うのに資金を必要とします。
自分がそこの株を買う、つまりはその何か行うことの賛同者ということになります。
だから、売るということは賛同者では無くなる(反対する)ということです。

ただ、どのくらい強い気持ちで、売り買いしているのかは、その人次第です。
強い気持ちであればあるほど、失敗したときのショックは大きなものとなりますし、成功したときのうれしさも大きなものになります。
株を売る意義、買う意義も考えることが重要です。