株を買うとはどういうことか

株式投資は非常に一般的な投資方法になってきましたが、その仕組みについてしっかりと理解しておくことは大切です。
投資の中では比較的安価であるというのが特徴ではありますが、目減りするリスクを持っている金融商品であるということを十分に理解して投資を行うことが大切です。
そのためにはまずは株を買うということがどのような意味を持つのかについて理解するところから始めるべきであると言えます。

株を買うということは、その株式を発行している会社に投資をするということを意味しています。
上場している会社の場合には株価は市場の取引で決定される仕組みを持っていますので、買い手が増えれば増えるほどその価値を高めていくことになります。
買いたいという人の気持ちと売りたいという気持ちの折り合う部分で取引が行われるため、相場は常に変動をする生き物の様な仕組みを持つのが一般的です。
そのため買うという行為は価値を高める方向に機能する行動であると言えます。
株式の売買はいくらなら売却するのか、いくらなら購入するのかの意識のせめぎ合いで構成されますので価値は常に変動しています。
一般的には安く買って高く売ることで利益を生み出すことが出来ますので、欲しがる人が多い状況になれば資産価値が高まるのです。

また株を買うことによって株主としての権利を行使することが出来ます。
一つは総会で意見を述べる権利と、単元当たりの議決権を持つことになります。
配当を出している銘柄であればその権利を持つことが出来ますし、優待があればそれを受け取ることも出来ます。
様々なメリットを得ることが出来るのが買うという行為についてくる様々なメリットであると言えるでしょう。